豊中計装株式会社
メールでお問い合わせ

火災の前兆を知る

過熱火災監視システム

工場は一般住宅と異なり、危険物や着火物が多く保管されているため、火災が発生した場合に大きな損失となります。また、周辺に被害を及ぼすと莫大な損害責任を負う可能性もあります。このシステムは工場の設備、機械の過熱を検知し、火災を未然に防ぎます。工場、設備、従業員、製品の損失や生産の中断といった損害から工場を守ります。

  • 発火する前の機械や設備の温度、過熱をリアルタイムで管理して異常監視ではなく「正常監視」を行います。
     ⇒ 正常時のデータを収集しておくことで変化に気付き、火災を未然に防ぎます。
  • 消防法で設置した火災受信盤からの詳細な個別警報を、離れた場所(全工場、警備室、事務所等)でもリアルタイムで共有することができます。
     ⇒ 火災を早期発見して初期消火を行うことで、火災拡大を防止します。
炎のイメージ画像

工場の過熱監視・火災監視 3つのポイント

1.専用のシステムとする

外部からの影響を受けないようにすることで、正確な情報伝送を安定して行う

2.多様なセンシングが必要

状況に合わせた高感度センサを用いることで、緻密な温度監視を行う

3.多点温度の一元管理が必要

パソコンや監視盤を使用して、広域・多点の過熱火災監視を見やすく、わかりやすく一元管理する

3つのポイントを押さえた過熱監視システム
▼資料は下記をクリックしてご覧ください▼
火災の前の過熱監視資料イメージ画像

既存の火災監視をバックアップ

既に火災監視を行っている場合、複数の工場の火災監視を一元管理することが可能です。各工場の火災受信機からの詳細な情報を、守衛室などで監視することができます。2005年に約50棟、1000か所強の火災詳細監視用に納入したシステムは、現在も連続運用されています。離れた場所で監視することで、早期発見できる環境を整えることができます。

広い構内の火災監視システム例

広い構内に設置されている複数の火報盤から、火災信号を一元的に詳細管理するシステムの構成例です。離れた場所でパソコン、監視盤で管理することができます。
長距離伝送が得意な多重伝送「ユニバーサルライン」を採用しているため、既設配線の予備線を使用するなどできるので、ローコストで詳細管理が可能なシステムを構築できます。

2本線で256点の警報信号を個別に認識できます。コントローラは伝送ラインを4回線監視できるので、1000点までの監視ができます。大手の工場でコントローラを2台使用し、既設配線を利用して、2000点管理している現場もあります。

(0270)

©Toyonakakeisou Co LTD