豊中計装株式会社

お問い合わせフォーム

「ローカルDXアプリ」~システムのメリット~

ローカルDXシステムで「稼働管理」「保全管理」「電力管理」を統合して管理することで6つのメリットが生まれます

フレキシブルなプラットフォーム「ローカルDXアプリ MGM16W-DX」で工場中の「稼働管理」が出来ます。更に「保全管理」「電力管理」を関連付け、データの再利用等の効率の良いDX運用をすることで6つのメリットが生まれます。

具体的には、下図のように単一機能のシステムを ①稼働管理+保全管理 ➁稼働管理+電力管理 ③保全管理+電力管理 の組合せで一元管理します。そうすることで相乗効果が生まれ、システムの付加価値が大幅にアップします。

稼働管理と保全管理、稼働管理と電力管理、保全管理と電力管理の組み合わせで多くの相乗効果があり、さらなる付加価値が生まれます

6つのメリット紹介

①「稼働管理」と「保全管理」

故障停止を低減し稼働率アップ

故障の予兆が出た時点で保全することで、故障によるダウンタイム(機械停止時間)を減らして稼働率を上げます。

➁「稼働管理」と「電力管理」

能率の良い生産で電気代削減

生産設備の稼働データを収集・分析して能率良く生産できるよう改善することで、設備の稼働時間を短縮して電気代を削減します。

③「保全管理」と「電力管理」

機械効率アップで電力使用量低減

機械の保全を行い機械効率がアップすることで、特に使用電力が多いピーク時の電力をカットして最大需要電力を低減します。《参考》なぜデマンド管理が必要なのか

④瞬時にわかるトレーザビリティ情報

ワーク別の負荷連動グラフでトレーザビリティ管理が可能になります。

⑤10年スパンの有効なデータを活用

過去のデータから熟練者のコツや知見を有効に活用することで技術の伝承が可能になります。

⑥複数データの組合せで新たな価値の創造

複数のデータの同期グラフを組合わせることで新たな発見があります。

ローカルDXアプリ 9つの特長

企画や導入が簡単

簡単に導入できるので準備で挫折することがありません
  • DXの目的は全員で長期に儲かる仕組みを作ること
  • 生産性の向上を現場の協力で行う方法で専門知識は不要
  • 制御盤の改造不要

    今ある設備情報を最大限に活用します
  • ソフト改造も不要なので再稼働時もそのままで安心
  • 生産休止や不要な改造での生産性の一時低下がない
  • 稼働管理ができる

    稼働率アップは製造業のDXでも重要な目的です
  • 稼働率アップで無駄な時間の浪費を防ぎ生産性がUP
  • ワーク別の負荷連動グラフでトレーザビリティ管理も可能
  • 保全管理等ができる

    長期間データを収集することで機械の異常にいち早く気付くことができます
  • 長期のバスタブ曲線的な管理や関連設備も含めた管理が可能
  • 更に稼働や機械の効率UPで無理なく電力削減が可能
  • 全作業のデジタル化

    手作業での加工等もデジタル化することができます
  • システムは端末変換器の採用で全ての作業のDX化が可能
  • 最新機種、昭和の機械、溶接や手動作業も一元管理ができる
  • 製造業DXの醍醐味

    長期間の複数データは財産です
  • 複数のデータの同期グラフの組合せで新たな価値の創造
  • 過去のデータで熟練者のコツや知見も有効に再利用できる
  • 長期安定運用が可能

    有線の伝送でトレンドに左右されないシステムです
  • システムは10年以上の連続運用を前提とした基本設計
  • トレンドの変わりやすい無線やIoT機器は限定した用途で使用
  • オペレーターが不要

    モニター表示で誰もが状況を把握できます
  • 自動起動、自動情報集計、自動グラフで全社で見える化
  • 個別生産情報の一元的な画面の共有で自己啓発を促す
  • 非常にローコスト

    長期間安定して使えるコストパフォーマンスの高いシステムです
  • 10年使える仕組みを採用!決して「安物買いの銭失い」にならず毎月の費用無しで安心して使用でき、総額を10で割ると非常に安価
  • DX関連ページ

    ローカルDXアプリを拡張するITツール

    ローカルDXアプリと単一機能版の比較

    ローカルDXアプリについて

    製造業のDX

    その他関連ページ

    (1280)

    ©Toyonakakeisou Co LTD