>
トップページに戻る トップページに 戻る サイトマップ
〒561-0841 大阪府豊中市名神口3-7-13  TEL:06-6336-1690  FAX:06-6333-2451


省配線の工事、省配線のシステムはユニバーサルライン!

(電線が足りない時にIV、VCT、CPEV、CPEV-S、AE線、OP線、CVV、VVF等がすべて伝送として使えます。)

省配線の伝送はお任せください!

ユニバーサルラインで

電線の使用量が百分の一になります!

256接点のON/OFFの信号が長距離伝送ができます。遠隔のポンプ制御等に最適です。

簡単な省配線システム


この伝送は電線内のON/OFF状態が見えるので省配線でも安心です!  
詳細

下の赤いLED(16×16)の各点が電線1本1本のON/OFFです。(どこからでもモニターできます)

省配線で多くの監視

どんな電線でも
ノイズの多いケーブルでも
省配線の伝送として
使えます。
省配線で簡単

多芯のぞろ引きと異なるところは0.5秒の伝送遅延が発生するところです。


ノイズにはとても強い伝送で長距離(数km以上)ではぞろ引きよりも省配線で確実に接点信号のON/OFFが伝送できます。

もし! 既存の1対の制御線がありその制御や監視に0.5秒の遅延が許されるならば、既存の

そのまま踏襲して使い、更に新たに255接点信号をその線を利用して双方向で利用することができます。

具体的には

その1対の線をそのままで多重化すると、その電線で256点の接点情報がますので1/256を既存の

制御に使用して残り255点の接点情報は省配線の双方向で自由な監視制御に使用することが

できます。

ユニバーサルラインを使用すると大幅な省配線の工事を行うことができます。

1対(2本)の省配線で256点までの接点信号が非常に長距離、伝送できます。

従来256点の接点信号を伝送するには信号コモン線を含めて257本の線が必要ですがこの

ユニバーサルラインを使用すると256点の接点信号を送るのに2本線で可能になります。

長距離の場合省配線で電線の本数が少なくなるのは非常にメリットがあります。

  

256信号の省配線伝送の場合の電線、ケーブル費用の比較

電線費用 およそ百分の一

     2sqのIV(30円/m)を使用して256点の接点信号を送る場合
配線方式
距離 100m
距離 1000m
距離 10Km
電線断面積
ぞろ引き配線
771,000円
771万円
7,710万円
密接で約60mm角
ユニバーサルライン(省配線)
6,000円
6万円
60万円
4mm x 8mm

ぞろ引き配線はコモン線1本の場合です。対にすると更に倍になります。

     2sqのCVV 30芯 (1000円/m)を使用して256点の接点信号を送る場合  伝送は2sqのCVV 2芯(90円)
配線方式
距離 100m
距離 1000m
距離 10Km
ケーブル断面積
ぞろ引き配線9本
900,000円
900万円
9,000万円
密接で約90mm角
ユニバーサルライン(省配線)
9,000円
9万円
90万円
10φ

伝送距離が数kmであれば0.65φの単線のCPEV等でも使用可能です。

この場合に必要な省配線伝送ユニット



256点の接点信号をA地点からB地点へ送る省配線システム

ですが128IN/128OUTの双方向伝送も可能です。

またC地点やD地点に入出力したり同一情報をOR動作で

何箇所にでも出力することが可能です。

配線を省けます

距離が長いほど、点数が多いほど省配線の多重伝送は効果的です。(C点D点でパラ分岐もOKです)

伝送機器一覧価格表

このパターンは広大な浄水場の監視盤(約300点のI/O)の移設等にも使用しています。

 

電線もVVFCPEV-S、CVV、CPEVAE線、IV、VCT、OP線、等各種ありますが被覆の材質と厚みにより伝送距離が異なります。 材質が 塩ビの

場合はポリエチよりも静電容量が大きくて、また被覆の厚みが薄いほど静電容量が大きくて信号がなまり、省配線で行う伝送距離がさがりますの

で細い線を長距離伝送する時は注意が必要です。 

 

さらなるメリット

配管材料、敷設費用の大幅削減

実際には電線の他に配線経路のスペースや配管の太さ及び施工費用等が大幅に低減できるので端末側に伝送ユニットを設置してもはるかに経済的なシステム構築が可能になります。

右の写真は80回線の監視と10点の制御を行っている盤です。伝送ラインは1対+電源線ですべてのことをまかなっています。ケーブル敷設、接続費用が大幅に削減され工事費のコストダウンに寄与しました。

 

1ペアの線で80回線監視+10点制御のコンパクトな盤


クリックで盤内部の拡大

途中分岐が非常に簡単

更に途中分岐等があると特に多芯ケーブルの場合は多くの費用が発生しますがユニバーサルラインの場合は2本をパラレルに接続するだけで256点までの信号分岐であれば簡単に出来ます。

そのため分岐箇所が多ければ多いほどトータルコストが下がり工事費のコストダウンになります。

多芯ケーブルの分岐は端子台のスペースと作業が大変です。ユニバーサルラインは2芯のパラレル接続ですので簡単です。


多芯ケーブルは分岐が大変


2芯の分岐は簡単

追加、増設の費用低減 工期短縮

また施工後の信号追加やシステム変更についても非常に簡単です。

必要な箇所からパラレルに分岐して既存と異なるI/Oアドレスを割付けて、256点までの増設であればいくらでもできます。


幹線工事不要で増設

分岐方法、配線方法に制限なし


CCリンクやRS485等の
一般的メタル伝送では1.2Kmまでの距離制限、一筆書きの配線、分岐方法制限、接続局数32点までのノード制限、端末の終端処理が必要、指定したケーブル使用等の配線方法に各種の制限があります。

ユニバーサルラインはそれらの制限がほぼありません。伝送距離は1箇所で140km(約50kmx3系統)の納入例もあります。一筆書きの配線でもツリー状配線でもどんな方法の配線でも2芯が間違いなく接続されていれば確実に動作します。

分岐する箇所、分岐点数はほぼ無制限です。接続局数は1点分散型が約1000点近くの納入例も多くあります。端末の終端処理は不要です。電線やケーブルの種別は問いませんが距離に応じた適度な太さと通常の線間、対地絶縁は必要です。分岐した各端末の終端処理は不要ですそこからのノイズ程度では誤動作はしません。


従来の伝送との比較

点数が数百点に増えると一筆書きは大変(無理)です。

メイン装置の増設、移設がとても簡単


ぞろ引き配線方式やノードの限定された伝送方式の移設はケーブルの引き換え量が多く、終端や分岐箇所の修正などが大変です。

ユニバーサルラインは元来ブロードキャスト的な通信がどこからでもできるためメイン装置を移設や増設が必要な場所に置いて2本の線を接続するだけと言う簡単な作業で完了します。設定変更等一切なく再起動します・当然終端処理作業も不要です。

システムの移動が簡単
省配線のシステムです。

超精密工作機械を作っている工場に約200箇所の詳細な室温を管理するシステムを納入していますが管理事務所の移転に伴う移設工事が瞬時にできて感謝されたこともあります。
接点、アナログ、パルス信号の混在伝送可能


ユニバーサルラインはON/OFFの接点信号と混在してパルス積算データや各種のアナログ信号を双方向で同時に送ることができます。このため従来個別のケーブルを使用して伝送していたものが1対の電線のみで可能になります。

例えば温度信号であれば温度をデジタルに変換して重みを付け(0.1℃ 0.2℃ 0.4℃ 0.8℃ などのように)、積算パルスデータであれば2進表示にして接点位置に割付て伝送します。

これらのアナログ信号伝送はポーリング方式を採用しているため最大2000点のアナログ計測も可能になります。

 


2本線で混在伝送 アナログも配線が省けます

数mVの微弱なアナログ信号も10Km(2sqの線使用の場合)確実に接点信号と混在して伝送できます。

プログラムレスで伝送が可能

ユニバーサルラインはメインユニットのクロックに同期してすべての端末が動作しているためシーケンサのようなプログラムは必要ありません。プログラムレスで伝送ができます。

アナログ信号でも、接点信号でもアドレスが一致すれば遠隔地のON/OFF状態やアナログ値をそのまま出力します。


ユニバーサルラインはプログラムが不要
シーケンサーよりも省配線

ぞろ引き(個別パラ)配線よりノイズに強い!。

伝送を使用しない普通の電線でも非常に長い配線の場合や非常にノイズレベルの高い場合は長い電線にかなりの高電圧が誘起されます。このためシーケンサの入力がONする場合もあります。

また交流の制御系で距離がかなり長い場合はは2本の電線間の静電容量がバカになりません。制御接点がOFFなのに静電容量経由でマグネットSWがONになる場合、もしくはONが切れずに継続する場合もあります。

ユニバーサルラインは伝送ラインの波形整形回路を取り入れた上での長距離伝送回路を形成していますので伝送路、電線長の具合によってはそろ引き配線よりノイズに強い場合も多くあります。


ぞろ引き配線方法の誤動作


 

予備配線の流用で費用の大幅削減

ユニバーサルラインは伝送に使用する電線の種別を問いませんので多くの場合既設ケーブルの遊び線や配管の予備線が使用できます。これらの予備配線を使用することで幹線工事不要で多点広域の監視制御計測システムを構築することができます。(予備配線を使用する場合の注意事項


予備線の流用伝送は多くあります。下の機器構成は九州のモノレールの各駅舎の非常押しボタンの集中管理システムの例です。



各端末は電源不要タイプを採用しましたので個々の駅舎が停電でも確実に警報を送ります。

小倉モノレールでの施工例

 

LANケーブルの有効利用(詳細下段)

既設の100BaseTのLANケーブル(カテゴリー5)は4芯空いています。
(空き4,5,7,8ピン)
周波数が極端に異なりますのでこの空き線を利用して既設LANの
データ伝送に 影響を与えずに伝送ラインとしても使用できます。

さらに既設配線の多重化で幹線工事不要


予備線の無い場合でも多重伝送は可能です。例えば広い工場の両端やビルの屋上と地下の間に警報ランプ回路等があればその回路を多重化できます。

方法は使用している線の両端を切り離してユニバーサルラインのI/Oユニットを取り付ければそれで完成です。そして既存信号用にI/Oアドレスを一つ割付ければ従来通り使用できます。

あとは多重化されたその線で256点-1点=255点の接点信号やアナログ信号が双方向で使用できます。勿論途中分岐も自由にできます。これが究極の省配線です。無線やPLC(電力線搬送)と異なり長期間の安定した伝送が可能になります。

 

省配線の真髄

 

設計が決まって無くても工事着工が可能


伝送遅延の把握と最大の監視,制御,計測点数が決まれば詳細設計は後からでもかまいません。

1対の線で256点の接点信号等がN:Nの伝送で可能になりますので分岐増設予定の箇所に端子台を置き電源も含めた2ペアもしくは伝送予備も含めた3ペアの配線を敷設しておけば後日どのような仕様変更にも幹線工事の変更無く対応でき、工事が着工できます。

既設線多重化で伝送

LANケーブルの空き線を利用した伝送が可能です


LANと省配線のユニバーサルラインは使用する周波数が大きく異なるため同一ケーブルを使用した通信が可能になります。

LANに負けない伝送

LANの耐ノイズ性試験、LANとユニバーサルラインとの相性試験等のページにジャンプ


 

 


伝送遅延について

ユニバーサルラインは時分割で1対の線を利用する省配線ため伝送点数により下記の時間遅延があります。

伝送点数
遅延時間
32点
0.07秒
64点
0.13秒
128点
0.25秒
256点
0.5秒

標準256点0.5秒

 

 

以上のようなの省配線による伝送遅延が発生しますので常時高速性を求める場合には向きませんがユニバーサルラインのラインナップは256点用でも端末側の記憶処理により信号幅60msの接点入力ユニットや1msサンプリングアナログユニット、30Hzカウンタユニット等があります。

また長距離伝送を基本としていて24Vのクロックを採用していますので放送、インターホン等の線との同一ケーブルでの伝送、長距離の同一経路密着配線等はクロストーク(漏話)が発生する場合がありますのでそのような場合は事前確認が必要です。

このように一長一短ありますのでユニバーサルラインの 使用できる範囲での用途でお使い頂ければ特に長期的な運用、長距離の運用に於いて真価を発揮します。

ユニバーサルラインは日進月歩の高速性は追求しません。最新IT機器との融合した機能拡張はしますが本来の省配線の基本性能はいつまでも継続して踏襲します。

弊社の企業理念として長期間変わらない仕様でいつまでも互換性を継続し、

お客様が使われる限りはいつまででもサポートいたします。 長期運用施工例

 

手始めにシンプルなユニットをいかがですが

長距離接点分配器

アナログ分配器

遠隔地の監視と制御

既設ポンプ盤の増設

予備線、既設線を使用した省配線で50Km〜100Kmの監視制御計測の増設も可能な方法もありますのでお問い合わせ下さい。


     どのような電線でも時分割して省配線のできるシステム、ユニバーサルラインがコストダウンを可能にします。

ユニバーサルラインの概念


ユニバーサルラインの時分割多重伝送とは下の図のようなものです。

下図の中央の2本の電線で省配線時分割多重伝送を行います。    

切替SW1とSW2を同じ時間で切替えて複数の信号を2本の線で送ります。

実際には@→A→B・・の各切替を0.002秒で行っています。これ

電気のスピーでいうと非常に遅いスピードでがそのぶん逆に信号幅

広くて安定しているためノイズに強い長距離伝送が可能です。  

省配線の原理

上の図はイメージ図です。

実際の伝送には信号ON/OFFの途切れはありません。

シーケンサのCC-Link等とほぼ同じ時分割のの省配線伝送方式です。

異なるところといえば

■CC-Link等よりもややスピードが遅くノイズに強いことや

■どのようなケーブルや電線でも伝送として使用できること

長距離の伝送が可能で分岐箇所や分岐方法が無制限等です

 

  ユニバーサルラインの伝送アニメ     実際の伝送の技術的説明

 


ユニバーサルラインではありませんが1本だけ線が足りない時の省配線に便利です。

関連機器新発売  10Km以上の伝送と 接点増幅できるユニット

簡単な省配線です。

 

ユニバーサルラインに使える電線、ケーブルの略号と種類

電線ケーブルメーカー 一覧

 

更にLANと無線のインターフェースができて

多重伝送と組合せることで究極の省配線が可能になりました!

 

 


 

 

Toyonakakeisou Co LTD     利用規約  用語集  お客様の声  個人情報保護方針  免責事項  お問合せ・ご相談フォーム

 

 

(0050)