ユニバーサルライントップページ

 

 

このコーナーは

1対の電線で2つの接点信号を長距離送ることのできる

接点増設ユニット(¥19000円)

の ご紹介です。(接点増幅ユニット)

離れた場所でもう1接点欲しい時に簡単に使えます。

あるいはノイズの多い場所や長距離の監視制御に使えます。

長距離の場合は直接配線より さらに安定した 監視制御が可能です。

256点の伝送できるユニバーサルラインとは 別物で互換性はありませんが

その電線を使用して256接点使えるユニバーサルラインのシステムの構築ができます。

 

 

配線の足りない時に

接点増設(増幅)ユニット Multiplexer2
                マルチプレクサーツー


汎用の電線で10~20Kmの監視制御が可能です!

1対の線で2点の接点信号が長距離伝送できます!

 

接点増設(増幅)ユニットMultiplexer2 の概要

入力側と出力側を1対の線で接続するだけで2接点の信号伝送が可能になります。そのままの配線で接点増設ができます。


長距離の配線でよくある、ONした信号をOFFにしても静電容量の具合で OFFにならない等の保持現
等が無く長距離でも確実にON/OFFできます。更にケーブルのチェック機能等も具備しています。

 

この2台のユニットで長距離の2信号伝送(接点増設)が可能になります。

 

ユニットの仕様

機器寸法
73Wx107Hx27D mm x2台
取付け寸法
100.5ピッチ 4φx2
使用温度湿度
-10~+60℃ 10~90% 結露なきこと
出力接点定格
AC200V 5A
入力短絡電流
MAX 20mA
使用電線
すべての電線、導電体
最大配線抵抗
600Ω(往復)
最大線間容量
数μF(双方向用0.6μF)
最大伝送遅延
60mS
耐ノイズ性
IEC1000-4-4 レベル4

伝送距離

タイプ
① 2点単方向用
② 2点単方向用
③ 1点双方向用
電源位置
入力側
出力側
-
CPEV 0.65φ
4Km
4Km
4Km
CPEV 0.9φ
10Km
10Km
10Km
CPEV 1.2φ
20Km
10Km
10Km
CVV 2.0sq
30km
6Km※
6Km※

※伝送距離は主にケーブルの静電容量(被覆材質の誘電率、線間距離、被覆厚み)や電源配置の違いによって変化しますので余裕を持 ってお使い下さい。数値は隣接した電線での数値ですので別ペアの線や多芯ケーブルの対角配置の電線を使用すれば更に延びます。

 

ラインナップは3種類のタイプがあります。

タイプ①  入力側電源付 2接点伝送(接点増設)ユニット [セット型番T2P]
確実な遠隔監視ができ
ます。(ケーブルの断線や
短絡、電源や装置の故
障の検出も可能です)


鉄道,トンネル等長距離の
警報信号等の伝送に

タイプ②  出力側電源付 2接点伝送(接点増設)ユニット [セット型番T2N]
端末側の電源が不要で
2接点の信号が1対の
電線で伝送できます。
タイプ①より伝送距離は
下がります。


監視信号の増設を幹
線そのままで追加

タイプ③  1点入出力双方向接点伝送(接点増設)ユニット [セット型番RTX]

配線の増設ができない
ような離れた場所の遠
隔制御と状態監視が1
対の電線で可能です。

タイプ①より伝送距離
がさがりますので長距
離の場合は2回線用意
して、タイプ①を2セット
でお使い下さい。


離れたポンプ小屋の
監視制御の追加に

使用できる電線

IV、KV、同軸、ACコード、CVV、VVS、 CPEV、CPEVS、AE線、VA、VCTF、

MVVS、電話用電線、多対のケーブルの一部、 異なるペア線の各1本、

ステンレス線、鉄線、ア ルミ線、補償導線、2本のシールド線の外側、

光ケ ーブルの内部銅線等で電気が通り、絶縁がしっか りしているもの

であればすべて使用できます。(静電容量が少ない時は往復配線抵抗600Ωまで)

通常空いているLANケーブルの4,5,7,8ピンの予備線での伝送も

LANのデータ伝送に影響を与えずに接点増設として 使用できます。

ノイズに強いので多芯動力ケーブルの予備線でも 使用できます。

この場合でインバータケーブルの 予備線を使用の場合は伝送距離が下がります。

どのような電線でも使用できますが、特に長距離の場合は多くの阻害要因がありま

ので物理的に堅牢なものをお使い下さい。

使用方法
 


タイプ①  入力側電源付 2接点伝送ユニット(セット型番T2P)
TX2-P(2点入力) + RX2-N(2点出力)

既存の接点信号の配線をそのまま 利用してもう一つ別の信号を送る こと(単方向接点増設)ができます。

長距離のON/OFFが確実に行えます。信頼性の高い遠隔制御ができます。

ケーブルの断線や短絡あるいは電源や装置の故障等のいず れの場合でもフェールセーフ 側のOFFになります。

重要信号の監視等に使用する時は正常時ONのB接信号の伝送でお使い下さい。

 

タイプ②  出力側電源付 2接点伝送ユニット(セット型番T2N)
TX2-N(2点入力) + RX2-P(2点出力)

既存の接点信号の配線をそのまま利用してもう一つ別の信号を送ること(単方向接点増設)ができます

このタイプはラインの短絡時は2信号ともONになります。タイプ1は2信号ともOFFになります。

A接/B接組合わせて用途に応じて選択して下さい。


タイプ③  1点入出力双方向接点伝送ユニット(セット型番RTX)
RTX-P(1点入出力電源付) + RTX-N(1点入出力電源無)

既存の制御線を利用して動作確認 を追加したい場合や故障監視を追加する場合。

あるいは監視信号線にリセット等 の制御操作を追加する場合にその ままの配線を利用して可能です。(双方向接点増設)

電源付/電源無の設置は逆でも可能ですがライン短絡時の動作が異なります。ライン短絡時に電源側の出力はON
になり、電源の無い側の出力はOFFになりますのでA接/B接を組合わせてフェールセーフの回路でお使い下さい。

 

既設LAN回線を使用して Multiplexer2で監視と制御
上記のタイプ1~3のいずれでも使用できます。

通常使用する100BaseT等のLANケーブルは2ペアしか使用して いません
(1000Base,電源供給LANは除く)。

そのため空いてい る2ペア線等で監視制御(接点増設)が可能になります。

LAN分岐プラグAC5-Tを使用すると予備線の分岐が簡単にできます。

     LAN分岐プラグ  AC5-T  660円

 

 



 

 

 

 

 

 

(5150)