アクセス解析

     
トップページに戻る トップページに 戻る サイトマップ
大阪TEL:06-6336-1690  FAX:06-6333-2451  東京TEL:03-6403-9822

 

シーケンサ(PLC)と伝送で距離の長い伝送付のI/Oがすぐに実現

シーケンサーのRS232Cを使用して汎用I/Oは不要!

ユニバーサルラインで長距離(10Km)広域を2芯で1000点の入出力

リンクフリー

ユニバーサルラインとシーケンサの組み合わせでローコストなシステム構築を!

    ■I/Oの無いシーケンサが1000点の入出力制御できる制御機器になります。
    ■総延長5km~10Kmno広域にわたっての制御監視が2本の線で可能になります。
    ■多点のアナログ計測も可能に。500点の温度の計測管理もそのシーケンサでできます。

     
    

シーケンサユニバーサルライン融合で用途が拡がります。

■シーケンサの機能は、入力機器の指令信号ON/OFFなどに応じて、出力機器をON/OFFすることにより、シーケンス制御を実現するコントローラですがこのシーケンサと省配線の多重伝送と組み合わせることでシーケンサの用途が格段に拡がります。

■たとえば数百mあるいは数km(また場合によっては数十km)に分散している入力装置の信号と出力機器とをユニバーサルライン(電線種別不問の単なる2本の電線を使用する伝送装置)で接続し、伝送主局とシーケンサと接続することでいきなり手足(I/O端末)の長いシーケンスシステムができあがります。

■シーケンサのプログラムもサンプルソフトの先頭に記述している遠隔のI/Oを内部メモリに割り付けるリストをコピーするだけで長距離、広域の監視計測制御のシーケンスシステムやロギングシステムや監視システムが出来上がります。

■1.2Kmを越すと何かと光ファイバとか言う話になりますが高速シーケンス制御以外の監視、計測、ポンプや照明制御等の用途であれば2本の電線で50Km程度は可能です。

(場合によっては既存ケーブルの予備線を使用したり既存接点信号線を多重化してアナログ計測追加等の複数の用途に使用することができます)

 

 

 


多くのメリットがあります!

  (1)シーケンサ+伝送で工事費用がうんと節減できます。電線の費用が百分の一に

  (2)伝送経由で広域多点のシーケンス制御が可能になります。超 長距離伝送も可能

  (3)シーケンサの通常のラダーで回路構成。サンプルのシーケンサープログラム有

  (4)2本線のパラレル接続で配線方法無制限。どんな電線,接続でも可能

  (5)ノイズに強いシーケンサーシステム構築が可能です。高ノイズ環境での施工例

  (6)アナログやパルス計測も混在して可能です。工場の見える化に

  (7)この伝送とシーケンサとの組合せは多くの実績があります。安心できる長期継続性



どんな電線でもデータ伝送できシーケンサに情報伝送します!



2本線で広域多点の監視制御計測が簡単にできます!

 

 

 
 
長距離広域の監視と制御、データ収集でシーケンサの用途がうんと拡がります!


工場の総合管理システムに



工場内に分散する各種データを収集して機器の監視、制御
、記録をシーケンサで一元的に管理することができます。

生産管理の一元化に

既存のパトライト等の状態信号を有効に利用して個別 稼
働率集計や故障をシーケンサで集中管理ができます。


総合エネルギー管理に

シリーズの伝送カウンタを使用して多点、広域の
データ収集がシーケンサで可能になります。


多点の温度の計測管理に

多重伝送を利用した省配線の温度計測システムで
シーケンサにより最大2000点の温度が測れます。


予知メンテナンスに



機械、設備の温度、負荷電流、振動、稼動時間等をシーケンサ
により連続で目に見える形で記録して管理することができます。


計測信号の広域表示に



アナログ値をシーケンサで変換して伝送します。 複数
表示が可能になり電圧降下の誤差もあ りません。



長距離の信号伝送に



2本の配線で総延長10Km以上の信号伝送がシーケンサ
にアナログ、 デジタルを混在して送ることができます。


積算信号の共有化に



シーケンサと異なりI/Oアドレスの重複に制限が
ありませんので複数個所での表示が簡単です。


 

 

 

さらにユニバーサルラインを使用するとこんなこともできます。

 

 

 

 
同一経路100m程度であればAC100/AC200Vの制御線/動力線でもほとんどの線が多重化できます。極端にノイズが多きい場合や更に長距離での場合も通常のFA現場であれば使用可能ですが念のためサンプルをお貸しいたしますので長期間ヘビーな状態で動作の確認をして下さい。

 

 

シーケンサのRS232Cサンプルソフトのダウンロード
サンプルソフトに三菱シーケンサ Qシリーズ用が新たに加わりました!

通信ソフトをコピーするだけで遠隔地の伝送I/OがのON/OFFが内部補助リレーと同期してON/OFFします。

通信ソフトをコピーするだけで遠隔地の温度や電圧のアナログ計測値が内部レジスタ書き込まれます。


■シーケンサのRS232Cサンプルソフトの説明■

      ・動作確認機種三菱シーケンサFXシリーズFX2N+232BD とFX3U+232BD及びQシリーズ

      ・コメントを多用していますので他のシーケンサーにも移植が容易です。

      ・通信部の約170ステップコピーするだけで伝送経由のI/Oの1000点ができあがります。

      ・あとは伝送端末のI/Oと同期する内部リレー(M1001~M2000)で通常通りシーケンサのラダーを記述するだけです。

      ・三菱シーケンサ以外にもオムロン、横河電機、キーエンス等のシーケンサでも多用されています。

 

サンプルプログラムのハード構成







■アナログ、パルス等のデータ収集方法の説明■

       ユニバーサルライン(多重伝送)を利用したスキャン方式で256接点の組合せで行います。

      ・親局が伝送ライン上の先頭8BitのON/OFFで子局を指定選択します。

      ・子局は8Bit設定SWと同一のON/OFFパターンが伝送ライン上にくれば応答します。

      ・応答は先頭8Bitの次の9から16Bit目に設定SWのパターンでON/OFFします。

      ・子局は更に17Bit目からA/D変換した12Bitのアナログデータを8量分ON/OFFで書き込みます。

      ・親局は1~8の選択Bitと9~16Bitの応答の一致を確認してその後のデータを取込みます。

      ・親局は選択した子局のデータを取込んだら先頭8Bitで次の子局を選択します。


サンプルソフトはこれらのことを自動的に行い、計測値を自動的にデータレジスタに書き込んでいます。


        ■回線増設について
  伝送ラインの回線増設はRS232CI/F基板も増設
  CNより増設用に切替えた伝送主基板を追加す
  ることで256接点単位で可能になります。シー
  ケンサ側はソフトの対応のみで可能です。
  増設ラインは基本ラインと同期しているため
  1024点の信号収集も0.5秒で可能です。

 

 


伝送とシーケンサの用途

シーケンサーに伝送経由で広域多点の入出力を割付て監視、制御、計測等をすることでパソコンで行っているような一元管理が簡単にできます。

下記は【伝送+パソコン】のシステムですがほぼ同様なことが可能です。

シーケンサーにタッチパネルディスプレを付けることでスマートな【伝送+シーケンサ】の集中管理システムがコンパクトに出来上がります。

     
パソコンや監視盤をシーケンサ+グラフィックパネルに置き換えて見て下さい

既設信号を利用した生産管理
接点データ集中管理システム
省配線多点アナログ計測
省エネ計測システム
工場総合管理システム
予知 メンテナンスシステム
受電管理システム
多点の温度管理システム
冷蔵庫温度と冷凍機の一元管理
防犯監視システム
火災集中監視システム
サーモスタットでの温度監視
社員寮在室管理
予備線利用広域監視盤
非常押ボタン監視システム
混在信号の一元管理
ブレーカ別のパルス積算
  
     
    

 


■RS232Cを使用しない簡単な計測■

小点数の長距離伝送経由の入力の場合は接点入力でアナログやパルスの計測が可能です。

(1)シーケンサの接点入力のみでアナログ計測!

伝送アナログ入力基板と伝送接点出力基板

の組合せで実現します。

接点順にアナログ値の重みがついています。

アナログ入力基板は8量のアナログをそれぞれ12ビットのパラレルの接点列に変換します。それを取込むことで簡単にアナログ計測ができます。

   シーケンサ入力      ON      OFF

        X0      1mV     0mV
        X1      2mV     0mV
        X2      4mV     0mV
        X3      8mV     0mV
        X4      16mV     0mV
        X5      32mV     0mV
        X6      64mV     0mV
        X7     128mV     0mV
        X10     256mV     0mV
        X11     512mV     0mV
        X12    1024mV     0mV
        X13    2048mV     0mV

全接点ONの合計 4096mV (実際の伝送は分圧して0-5Vで使用しています。)

ONの合計でアナログ電圧を計測します。上記は直流のダイレクト入力の例ですが整流(※)することで交流や高周波の測定が可能です。また降圧、分圧して受電7万7千Vの特別高圧等の測定も可能です。さらに電圧出力型CTやシャント抵抗を使用することにより1000Aの電流等の測定も可能です。

アナログ入力基板はこのアナログ信号を8量変換して伝送していますのでシーケンサの入力に余裕があればX14から同一時間で取込ができます。

更にアナログ基板は個別接点IDをもっていますのでシーケンサの接点出力で伝送経由によりその基板を遠隔でセレクトすることで多くのアナログ計測が同一の接点入力の取込処理で可能になります。
ノイズに強い伝送ですのでmVのアナナログ信号も接点信号に置き換えて確実に長距離伝送できます。  


ダイオードで整流する場合は約0.6Vの内部降下電圧がありますので電圧の高いところで整流してから分圧すると精度が上がります。分解能は12ビットですので1/4096(0.03%)ですが下位3ビットはドリフトしますので精度は0.2%+αです。それを見越して分解能0.4%でよければ8点の入力ユニットでアナログ計測が可能ですので経済的です。またこの伝送上のデータは伝送ライン上のどこからでも複数箇所でみることができます。

 

この応用でサーミスタと組み合わせるとローコストな多点温度管理システムができあがります。

但し温度-抵抗特性がリニアではありませんので何Ωの時は何℃と言うメーカが
  表している数値 をシーケンサメモリに記入して置いて変換する必要があります。

(2)シーケンサの接点入力で多点のパルス計測!

伝送カウンタAD3は1量のパルス積算のできる24ビットのバイナリカウンタです。このデータをシーケンサの接点出力でID指定して順次取込むことで多点の時間ごとの電気使用量等が簡単に計測できます。
(入力例 1KwH/1Pulsの電力計の場合)

 シーケンサ入力      ON       OFF

       X0      1KwH     0KwH
       X1      2KwH     0KwH
       X2      4KwH     0KwH
       X3      8KwH     0KwH
       X4      16KwH     0KwH
       X5      32KwH     0KwH
       X6      64KwH     0KwH
       X7     128KwH     0KwH
       X10     256KwH     0KwH
       X11     512KwH     0KwH
       X12    1024KwH     0KwH
       X13    2048KwH     0KwH
       
X14    4096KwH     0KwH
       X15    8192KwH     0KwH
       X16    16384KwH     0KwH
       X17    32768KwH     0KwH
       X20    65536KwH     0KwH
       X21   131027KwH     0KwH
       X22   262144KwH     0KwH
       X23   524288KwH     0KwH
       X24   1048576KwH     0KwH
       X25   2097152KwH     0KwH
       X26   4194304KwH     0KwH
       X27   8388608KwH     0KwH

           合計   16777216KwH

ONの合計で累計積算量を算出できます。また前回測定との差分と時間計算で瞬時値もしくは時間当たりの使用量を算出します。フルスケールからは0に戻りますので低速のカウントであれば8ビットのみをシーケンサ入力で読込みそれ以上は無視して積算値の桁上げで(0)11111111から(1)00000000になった時の回数を内部カウンタで集計すればローコストで多点の積算が可能になります。

前記アナログと同様に8ビットのシーケンサ接点出力で250台のAD3のIDを選択して読出し個別の積算を行うことができます。 接点列でコマンドを送れば個々にリセット/プリセットもできます。またこのデータは複数のシーケンサやパソコンから見ることが可能です。  

シリースに伝送カウンタAD3と同じ通信フォーマットの伝送積算時間計AD4があり
混在して同一ソフトで使用できます。これは入力ONの時間(秒)を内部に積算して外
部に伝送できるものです。これを使用することにより多点の個別稼動管理やメンテ
ナンス用の運転時間管理がシーケンサの汎用I/Oを利用して可能になります。

 

 

(3)上記(1)と(2)が混在し、更に接点信号の入出力が可能

この伝送ラインのアドレス(伝送I/O)は256あります。上記の使い方はその
約半分しか使用していませんので残りは接点入出力として使用できます。

1点入力ユニット
1点出力ユニット
8点入力ユニット
8点出力ユニット
電源不要の2線式
電源不要の2線式
DC12-24V
DC12-24V

伝送ライン上にこれらのユニットをパラに接続して増設入力とします。シーケンサ側は
出力基板を増設して使用します。監視制御点数が更に増えますとパラレルI/Oが増
えて冗長なシステムになりますのでTOPのRS232Cを使用する方法をお勧めします

 

 

 

2本線の多重伝送を利用しビルのリニュアルシステム等に省配線のメリットを生かし活躍しています。
コマンドを公開していますので多機能なデータ管理システムが構築できます。
コンパクトでローコストなシーケンサの機能が飛躍的に拡大します。

 

機器構成
パソコンインターフェース
アナログ入力ユニット
多点入出力ユニット
関連ページ
パソコン監視
技術資料
アナログ監視

 


1本だけ線が足りないときに便利です。

関連機器新発売  10Km以上の伝送と 接点増幅できるユニット



 

 

シーケンサと伝送を組み合わせた用途と各種の回路

 

 

■シーケンサによる各種の制御
インバータ制御、スピードコントロール、遅延シーケンス、ゲイン制御、シリアル制御、チョッパ制御、ディジタル制御、デバイス制御、トラフィック制御、トルク制御、vb制御、ノイズ制御、パソコン制御、インバーター制御、パラレルポート制御、pwm制御、ファジィ制御、rs232c制御、ファジー制御、ファン回転数制御、ファン制御、システム制御、フィードバック制御、フィードフォワード制御、プリンタ制御、プロセス制御、ブロック制御、プロトコル制御、ベクトル制御、ポート制御、vvvf制御、マイコン制御、シーケンス制御、モーター制御、pcシーケンス制御、モータ速度制御、モデル予測制御、サーボ制御、リモート制御、リレーシーケンス制御、plc制御、リレー制御、ループ制御、led制御、ロボット制御、シーケンス制御、シーケンサー制御、圧力制御、位相制御、エンジン制御、位置制御、印刷制御、連動制御、運動制御、遠隔制御、温度制御、回転数制御、dc制御、インピーダンス制御、機械制御、技能検定シーケンス制御、シーケンスランプ点滅制御、計測制御、計測自動制御、サイリスタ制御、呼制御、シーケンスフィードバック制御、pd制御、最適制御、シーケンス実用制御、dcモータ制御、三菱シーケンス制御、シーケンスラダー制御、姿勢制御、自動制御、シーケンスplc制御、充電制御、重力制御、サーボモータ制御、松下制御、松下制御機器、コントロールid、松下電工制御、照明制御、振動制御、数値制御、ケーブル制御、コード制御、自動販売機シーケンス制御、風速制御、弁制御、ステッピングモータ制御、積分制御、接点式シーケンス制御、ポンプ制御、騒音制御、速度制御、抵抗制御、onoff制御、適応制御、転写制御、シーケンス点滅制御、伝送制御、スイッチング制御、電圧制御、シーケンス優先制御、カスケード制御、シーケンス制御盤、電源コントロール、電源制御、カレンダーコントロール、電流制御、電力制御、コンピュータ制御、同期制御、内圧コントロール、バルブコントロール、cpu制御、遠隔制御、非同期制御、シーケンス制御実験、シーケンス制御フィードバック、排他制御、電子制御、比例制御、分散制御、シーケンス制御+フィードバック制御、無接点シーケンス制御、油圧制御、エスケープシーケンス制御、優先制御、予測制御、流量制御、力制御、輻輳制御、デジタル制御、モータ制御、リアルタイム制御、
■シーケンサでできる各種の回路
ディジタル回路、トランジスタ回路、センサ回路、トランジスタ増幅回路、トランス回路、サンプルホールド回路、トリガ回路、ダイオード回路、インバーター回路、タイマー回路、タイマ制御シーケンス、チャタリング防止回路、チョッパ回路、デジタル回路、ノイズ防止回路、バイアス回路、バッファ回路、パルス回路、パワー回路、ピークホールド回路、カウンタ回路、フィルター回路、クリップ回路、プッシュプル回路、インバータ回路、ブリッジ回路、フリップフロップ回路、ホールド回路、ラダー回路、ラッチ回路、リセット回路、リミッタ回路、シーケンス制御主回路、リレー回路、リレー駆動回路、レギュレータ回路、レベルシフト回路、安定化回路、安定化電源回路、シーケンス制御自己保持回路、演算回路、led回路、温度回路、過電流保護回路、シーケンス制御リレー回路、減算回路、交流回路、高周波回路、差動回路、差動増幅回路、磁気回路、自己保持回路、スイッチ回路、集積回路、充電回路、シーケンス自己保持回路、カウンター回路、led点灯回路、シュミットトリガ回路、昇圧回路、led点滅回路、コンパレータ回路、制御回路、ic回路、整流回路、積分回路、組み合わせ回路、増幅回路、シーケンス回路、遅延回路、直流回路、直列回路、定電圧回路、定電流回路、コンデンサ回路、抵抗回路、アナログ回路、点滅回路、電気回路、スイッチング回路、シーケンサ入力回路、シーケンス制御論理回路、電源回路、電子回路、電流制限回路、等価回路、同期回路、発信回路、半波整流回路、アナログ回路設計、反転回路、反転増幅回路、比較回路、シーケンサ回路、クランプ回路、復調回路、分圧回路、分布定数回路、スナバ回路、平滑回路、変調回路、保持回路、油圧回路、論理回路、ノッチフィルタ回路、電圧制限回路、3路スイッチ回路、
■シーケンサの入力及び要因として使えるもの
スライドスイッチ、セレクタスイッチ、センサースイッチ、エスケープシーケンス入力、タイムスイッチ、タクトスイッチ、タッチスイッチ、タンブラスイッチ、オートスイッチ、テープスイッチ、ドアスイッチ、ワイヤスイッチ、トグルスイッチ、トランジスタスイッチ、ナイフスイッチ、ハザードスイッチ、バススイッチ、パワースイッチ、カムスイッチ、ハンドルスイッチ、プッシュスイッチ、フットスイッチ、ステアリングスイッチ、プルスイッチ、ブレーキスイッチ、プレッシャースイッチ、フロースイッチ、フロートスイッチ、ペンダントスイッチ、マグネットスイッチ、マジックスイッチ、マットスイッチ、メンブレンスイッチ、ライトスイッチ、リードスイッチ、リセットスイッチ、リミットスイッチ、リモートスイッチ、リモコンスイッチ、ジャンパースイッチ、リレースイッチ、スナップスイッチ、コンソールスイッチ、レバースイッチ、レベルスイッチ、ロータリースイッチ、コードスイッチ、ロッカスイッチ、ワイヤレススイッチ、圧力スイッチ、安全スイッチ、サーモスイッチ、押しボタンスイッチ、温度スイッチ、近接スイッチ、光スイッチ、光電スイッチ、三路スイッチ、手元スイッチ、小型スイッチ、照明スイッチ、人感センサースイッチ、接近スイッチ、インテリジェントスイッチ、切り替えスイッチ、イグニッションスイッチ、調光スイッチ、電気スイッチ、電源スイッチ、電子スイッチ、電灯スイッチ、スタータースイッチ、4路スイッチ、ledスイッチ、3路スイッチ、アナログスイッチ、キースイッチ、壁スイッチ、サンセットスイッチ、防水スイッチ、無線lanスイッチ、無線スイッチ、コントロールボタン、非常停止スイッチ、コントロールツールボックス、ソフトスイッチ、lanスイッチ、セレクトスイッチ、ロータリスイッチ、ロッカースイッチ、切替スイッチ、タイマースイッチ、ヒューズ情報、
■シーケンサの出力として使えるもの
2eリレー、スマートリレー、セーフティーリレー、ソリッドステートリレー、ターミナルリレー、タイマーリレー、バリアリレー、パルスリレー、フォトmosリレー、フォトリレー、フラッシャーリレー、パワーリレー、3eリレー、マグネットリレー、コントロールリレー、マルチリレー、メインリレー、メーターリレー、メータリレー、メカニカルリレー、モーターリレー、ライトリレー、ラッチリレー、リモコンリレー、モジュールリレー、リレーユニット、オープンリレー、ledリレー、acリレー、mosリレー、naisリレー、安全リレー、液面リレー、キープリレー、サーマルリレー、ledウインカーリレー、シーケンサリレー、高周波リレー、コントロールリレー、車載リレー、5極リレー、コントロールバルブ、オムロンリレー、小型モータ、ウインカーリレー、ショックリレー、松下リレー、水銀リレー、スターターリレー、遅延リレー、電気リレー、電源リレー、dcリレー、電子リレー、電磁リレー、電流リレー、同軸リレー、icウインカーリレー、photomosリレー、半導体リレー、富士通リレー、富士電機リレー、保護リレー、postfixリレー、漏電リレー、無接点リレー、ドアロックリレー、リードリレー、icリレー、セーフティリレー、タイマリレー、フォトモスリレー、ラッチングリレー、電圧リレー、
■シーケンサ用語
シーケンサーとは、デジタルシーケンサー、システム制御情報、コントロールポイント、シーケンス制御特徴、シーケンサモジュール、コントロールとは、シーケンス制御応用、picシーケンサー、リレーシーケンサ、リレーシーケンス、シーケンス制御の基本、リレーダイオード、シーケンス制御jis、リレーとは、リレーノイズ、リレーの使い方、シーケンス制御種類、シーケンサー販売、スイッチパネル、リレー原理、リレー故障、リレー構造、シーケンサソフト、リレー試験、リレー式、リレー式計算機、スイッチotc、リレー出力、シーケンサ通信、リレー図、シーケンサー価格、リレー接続、リレー接点、シーケンス制御学習、リレー端子、リレー電圧、リシーケンス制御回路図、レー動作、リレー配線図、シーケンス制御記号、リレー販売、シーケンス制御試験、シーケンス制御具体例、スイッチ接点、コントロールセンタ、サーマルリレーとは、シーケンス制御基礎、回路図cad、回路図エディタ、回路図記号、回路図作成、シーケンス制御ラダー図、回路設計、環境制御装置、シーケンサユニット、シーケンサ配線、シーケンス制御用語、シーケンス制御読本、シーケンス制御とは、シーケンサー用語、電気回路記号、電気回路図、
■シーケンサソフ
シーケンス制御フリーソフト、シーケンス制御論理、ファンコントロールソフト、シーケンス制御プログラミング、オムロンシーケンサープログラム、リモートコントロールソフト、シーケンサフリーソフト、シーケンサプログラミング、三菱シーケンサソフト、シーケンス制御ソフト、コントロールソフトウェア、
■シーケンサでのコントロール
ファンコントロール、フローコントロール、マイナスコントロール、モーションコントロール、ライトコントロール、リモートコントロール、リレーコントローラ、エアーコントロール、
■シーケンサ及びメーカー
三菱シーケンサaシリーズ、三菱シーケンサfx、シャープシーケンサ、安川コントロール、オムロンシーケンサ、三菱マイクロシーケンサ、松下シーケンサ、三菱電機シーケンサfx、三菱汎用シーケンサ、omronリレー、三菱汎用シーケンサmelsec-q、オムロンシーケンス、東芝シーケンサー、日立シーケンサ、富士シーケンサ、富士電機機器制御、


si-

 

■究極の省配線システム LAN+無線+多重伝送

新製品発売!

 





おじゃまします。   ¥97,400円で  キャンペーン特価

パソコン監視、計測、記録、グラフ表示、CSV生成ができます!

シーケンサのような電光石火のすばらしい制御はできませんがパソコンで10年間記録ができ、グラフ表示ができるシステムを発売しました。監視、計測、記録がローコストで可能になります。

良ろしかったらちょっと寄り道をして見てください。

ハード、ソフト込みで10万円以下から各種あります。

 

 

 

 

 

(0740)