豊中計装株式会社
メールでお問い合わせ

ビルシステムの省配線でのリニュアル

限定された既設ビルの配線を利用してシステムのリニュアル拡張を図る時に多重伝送は有効な方法です。
弊社の多重伝送 ユニバーサルラインは既設の配線(※1)が使用できるので細い配管で電線の増設が不可能な場合での既設配線を多重化することにより2本の線を256本の線とほぼ同等(※2)として使用することができます。

※1 OP線、IV、CPEV、VCT等電気の通る普通の線であれば特別抵抗値の高いものでなければたいていの電線は使用できます。(但し電話線等の同一ケーブル内の予備選等は使用できません。)

※2 時分割多重伝送のため時間的な遅延が0.5秒程度あります。

関連情報

省配線システムの概要

(1140)

©Toyonakakeisou Co LTD