豊中計装株式会社
メールでお問い合わせ

台湾新幹線納入システム概要現

特別高圧の電車車両基地の変電所の施設の監視

ユニバーサルライン 施工箇所 台湾新幹線の全線の変電所内の一元監視
17万Vで受電して2万5千Vで架線に き電している台湾各地のパワーステーションの監視システムとセキュリティ、機器異常監視にユニバーサルラインが使用されています。
列車の高速走行に電力供給の活線切替を行いますがその時のノイズはかなりのものでしたのでフィルタの定数を大きくしました。
シールドの無いケーブルを使った伝送ですがが信号幅の広い伝送のおかげでフィルタが効果的でした。
この監視盤と伝送システムは台湾の29箇所の変電所で稼動しています。

システム概要

変圧器監視、電源異常監視、絶縁監視、温度異常監視、蓄電池監視、空調監視、火災監視、侵入監視、外周監視等のそれぞれの複数の信号を多重伝送で監視盤まで集めての集中監視と中央監視センタへの移報出力生成。

納入機器概要

伝送監視盤50面、多点伝送入出力ユニット50台、伝送端末AD1,AD2 3000台

2004年試験導入、2005年全線納入、2007年3月 開業、現在まで故障等も皆無で台湾の各地の変電所の高ノイズ環境の中で順調に連続稼動しています。

(5160)

©Toyonakakeisou Co LTD