アクセス解析

長期間の互換性を踏襲している省配線システム-ユニバーサルライン!        お問い合わせ 06-6336-1690

トップページに戻る トップページに 戻る サイトマップ
大阪TEL:06-6336-1690  FAX:06-6333-2451  東京TEL:03-6403-9822

予備線伝送

  伝送レポート抜粋 No1  7Kmの予備配線伝送

 

50対の多対ケーブルの空き線を利用

した多重伝送

試験の報告の一部です。

 

1対の線で7kmはなれた場所の監視装置の信号

複数伝送するもので同一ケーブル内の制御信号

とかのノイズにも負けることなく確実に伝送でき、継続

してご使用頂いています。

 

 

 

 


 

長距離多重伝送試験報告

 

・使用ケーブル

No.
線径
配線長
配線抵抗
(往復)
線間容量
対1.
0.9φ
約7Km
368Ω
0.31μF
対2.
0.9φ
約7Km
368Ω
0.31μF
対3.
0.9φ
約7Km
372Ω
0.32μF
対4.
0.9φ
約7Km
371Ω
0.31μF
対5.
0.9φ
約7Km
371Ω
0.31μF
対6.
0.9φ
約7Km
369Ω
0.31μF

・試験用伝送ユニット


1、長距離仕様     (汎用伝送ユニットに長距離対応の位相補正をしたもの)

  ①RS232C通信ユニット
②伝送I/Fユニット
③8点接点入力ユニット
④8点リレー出力ユニット
パソコンは無くても動作するが256接点伝送の確認のため接続
 

 

2、超長距離仕様    (特に線間容量が多い超長距離で使用するタイプ)

  ⑦RS232C通信ユニット
⑧伝送I/Fユニット
③8点接点入力ユニット
⑨16点トランジスタ出力ユニット
⑤8点温度入力ユニット
 

 

・試験方法

  下記のような構成でA地点の位置に伝送主装置を接続し、B地点に伝送副装
  置をを接続して伝送信号の到達度と安定性を汎用ユニットと超長距離伝送
  用ユニットで実験した。実験はオシロを使用して伝送波形の測定と実際の
  接点信号を接続して動作を確認した。

 

  試験1. タイプAでの双方向伝送の安定性の確認

 

  試験2. タイプAでの実際の信号伝送の確認試験

 

  試験3. タイプBでの伝送確認試験

 

・試験結果


  試験1.双方向伝送の安定性の確認

 

A地点よりスイッチで入力した信号は0.5秒以内にすべてB地点 に到達してユニット内のリレーをONさせた。
B地点でのリレー出力をそのままそこの信号入力端子に接続して再度伝送 経由でA地点に送り返す接続をして試験するとA地点のスイッ チ入力の信号は0.5秒以内にB地点で出力されさらにその0.5秒後にA地点伝送ユニットの出力リレーがONした。この動作はA地点で8点 のスイッチを同時に投入、遮断を繰り返して行った。アドレスを割り付けた個別のリ レーはそれぞれ正確に動作をした。パソコンからの256点の接点信号送受も双方向で 問題なく伝送できた。

 


試験2.実際の信号伝送の確認試験

 

B地点で警報を発生させたその信号を伝送入力端子に接続してA地点の伝送出力経由の通報信号は正常に監視センタに到達した。復旧信号も同様に確 認ができた。

        7Km伝送時の伝送波形

 

試験3.超長距離伝送ユニットでの確認試験

 

A地点-B地点間を折り返しで伝送した試験は3段の21Kmまでは8接点の双方行伝送とパソ コンからの256接点信号の伝送は正常に通信ができた。
5段の35KmはA地点→B地点への伝送は可能であったが逆のB地点→A地点はできなかった 。配線をパラレルにして抵抗値を下げるかペア線の対を使用しないで往路と復路を別 のペア線を使用して線間容量を下げることによって可能であるが目的が異なるので今 回は行っていない。
温度測定のデータも接点の伝送と同じように21kmまで正確に計測できた。

      21Km伝送時の伝送波形

 



・考察

 

今回の長距離伝送試験では当初想定していた以上に良好な伝送の結果が得られた。こ れはケーブルの線間容量が予想していたものより小さかったためと考えられる。
伝送波形でもわかるように長距離の伝送地点で当然ながら線間容量による 伝送波形の鈍りは見られるものの敷居値を充分に満足する伝送レベル及び位相ずれの 程度でデータの通信が確実にできた。 長距離の伝送路から混入するノイズはパワークロックに抑制されて観測できず、信号 OFFの状態及びONの状態が安定して伝送できた。

 

以上報告書抜粋

 他の予備線伝送

線間容量の測定

 

 

 

 

 

 

(0600)