アクセス解析
トップページに戻る トップページに 戻る
会社案内
商品カタログ
伝送一覧価格表
リンク
E-mail
サイトマップ
大阪TEL:06-6336-1690  FAX:06-6333-2451  東京TEL:03-6403-9822

 

技術資料

データの伝送方法

 

  ユニバ-サルラインは 多重伝送を利用したシステムで概念的に

 は2芯のケ-ブルが256芯 の ケ-ブルのかわりをするものです

 総延長5Km以上に渡って 自由 に送れる伝送方法です。

                                   (特許取得)

    

 

 

ユニバーサルラインのシステム構築方法


使用する電線
と 配線方法

■どのような電線でも使用できます。特にツイストペア、シールドとかの制限はありませんが細い線を長距離(数Km)使用する場合とかの特殊な場合は事前に動作確認して下さい。
ベースユニットから伝送用の電力を供給していますので細い電線の場合はダブルで使用してください。

■24Vのクロックで伝送していますのでインターホン等の弱電線と同一ケーブル内で使用するとクロストーク(漏話)が発生することがありますので避けて下さい。

■分岐方法も特に制限はありません。伝送ラインの+と-が接続されていれば動作します。電源を分配接続する感覚でパラレルに 接続すれば放射状、ループ状,送り配線でもどんな分岐でもかまいません。終端抵抗も不要です。

アドレスについて

■接点等のデジタル系は1~256のどの場所を使用してもかまいません。また同一アドレスを重複して使用することが自由にできます。 例えば分散している20箇所の押しボタンのどれを押してもドアが開 くとか照明がつくとかの用途につかえます。
また出力アドレスを重複させて1つのデマンド信号で工場内の何10台の機器を制御するとかに使用できます。

■アナログ系はA/D変換してBitを並べたり、複数のユニットを選択したりしますのでアドレスは決まっています。詳細は下記のA/D変換 の説明を参考にして下さい。

システムチェックについて

■幅の広い信号をカウントする単純な回路なため、長距離の場合に配線抵抗よる電圧降下でリレーのように動作不良になることはあっ ても伝送ラインの通信エラーのようなものはありません。一般的な 配線と同様ですがケーブルの断線が問題になる重要な系統は監視用にアドレスを1つ使用して1点入力ユニットの入力を常時ON状態にしてその信号のOFFイコー ル断線異常とする場合もあります。
伝送信号の何番目の状態がどうか等の確認はオシロで見ることができます。

■パソコンインターフェイスのRS232Cの部分は伝送距離はあまりとれず強烈なノイズには弱いのでノイズの強い場所での使用は配線距離、シールド等のそれなりの使い方が必要です。

■パソコンを使用する場合はチェック用のアドレス設けを1分とかの定期
に出力書き込み動作を行いそのエコーアンサーを確認したり 、あるいは外部でパソコンのハングアップ監視も含めたシステムチェックの方法 もあります。

 

         

        多点のデータの伝送

アナログ信号をA/D変換して伝送したり積算データをバイナリで伝送すると1つの信号で多くのビットデータを必要とします。多点の計測の場合すぐに256BITをオーバーします。
そのためこれらの信号伝送はパソコンに主導権を持たせた会話方式(ポーリング)を行いで多数(最大250ユニット×8=2000点) のデータ収集を可能にしています。

 

       パルス信号の伝送方法(伝送カウンター AD3等)
 
パルス信号の取込みはアナログ信号とほぼ同じ方法でサンプリングをしています。
伝送ラインに接続されている伝送カウンター(AD3)のスキャン順の番号をパソコ ンより8 Bitで指定することにより指定されたカウンターが応答します。
各カウンターが選択されている期間中は24bitの積算データをそのまま伝送ライン 上に送出します。この積算データを伝送ライン上のパソコンが読み取り順次切替え ながら収集します。
この伝送カウンター内にある積算データはパソコンからクリアしたり任意なデータ を個別にプリセットできますので既設のメータ指示値に合わせて運用集計すること ができます。伝送カウンタの積算値は不揮発メモリに書かれるので停電でも記憶し ています。
伝送カウンタは50000パルス/KWHの電力パルスにも対応させているために伝送ライ ンほどノイズに強くありませんので通常の弱電線の感覚で配線をして下さい。

 


 

(0420)