トップページ
E-mail
豊中計装 株式会社   
大阪TEL:06-6336-1690  FAX:06-6333-2451  東京TEL:03-6403-9822

 

使用前・後の水は安全ですか?  

 

高性能画像解析システム搭載!
メダカセンサー
ミズノコ・キューブ
MIZNOCO_CUBE
ユニバーサル・ラインと映像解析がコラボした水質監視装置
最新の高速画像処理技術
  水質汚染に敏感に反応するヒメダカの異常を素早く検知
かんたんタッチパネル操作
  見やすくて操作性の高い15インチタッチパネル採用
コンパクトで設置場所に困らない
  卓上サイズ設計(幅500mm×高さ450mm×奥行500mm)
ネットワーク対応
  構内LAN・インターネット経由で遠隔監視
メール通報システム
  異常検知時の警報・日報のメール送信
自動でサンプル採取・保管
  異常検知時の水を自動で採取・保管
  給水検査で品質保全・危機管理
  排水検査で「生物多様性」に貢献

 

 

水素イオン指数・窒素・溶存酸素などの測定だけでは安全性の確保は困難です。
 試験魚のヒメダカはOECD(経済協力開発機構)から魚類急性毒性試験魚に指定されています。

 

自然災害による濁水
浄水設備の不具合
テロ・悪質ないたずら

浄化設備の不具合
有害物質の誤廃棄
配管損傷による流出
 水道水中の有害物質を検査することで、 製品の品質悪化を防ぐことができます。
  特に食品関連は大事件に発展する可能性もあり、製造工程に問題がなくても道義的な責任を問われる危険があります。
医療機関・研究施設・工場など・・・水の危機管理
 排水中に有害物質が混入してしまうと環境破壊や中毒事件にも発展する危険があります。
  汚染の原因とは無関係であっても、排 水を常時監視していなければ、それを証明することは困難です。

 

メダカセンサーのしくみ

 原水または排水を給水し、水槽内で飼育しているヒメダカの遊泳状況を内蔵カメラで 常時撮影します。
  最新の画像処理によりリアルタイムで解析することでヒメダカの異常 行動を検知し、溶存急性毒物の有無を判断する「魚類水質自動監視装置」です。

常時録画・行動分析
  カメラ映像を常に解析し異常があれば保存

高いメンテナンス性
   前扉・上カバー開閉、水槽取り外し可能

24時間連続監視
  ヒーター・給餌自動制御でメダカは快適

 

 品名  生物センサ Miznoco Cube(ミズノコキューブ)
 装置形状  屋内自立型
 寸法  幅 500mm × 高さ 450mm × 奥行 500mm
 材質  外装:アルミ  内装・骨組:ステンレス
 質量  約35kg(乾燥重量)
 電源  AC100V 1.2KVA
 自動給餌器単三乾電池 2本(交換周期:約半年)
 配管種別  給水Φ20mm  排水Φ20mm
 監視条件  監視魚    ヒメダカ 7匹(成魚6ヶ月以上、体長2.5cm以上)
  入水量    1.0~1.5リットル/分
  水槽温度   10℃~35℃
  水槽の透過性 ヒメダカが目視確認できる状態(濁度100以下推奨)
 通信ポート  LANポート ×1
 外部出力  無電圧接点(ノーマル・オープン) 設定変更可能

 水質監視アラーム出力 2点
    ①水質注意 ②水質異常

 機器監視アラーム出力 4点
    ③機器一括異常(④~⑥のいずれかが発生で出力)
    ④温度異常 ⑤漏水検知 ⑥給水停止異常

 製造元  共冷工業株式会社

 

お気軽にお問い合わせください。

豊中計装株式会社
〒561-0841
大阪府豊中市名神口3-7-13
TEL:06-6336-1690
FAX:06-6333-2451
tk@toyonakakeisou.com