アクセス解析

 

トップページに戻る トップページに 戻る
会社案内
商品カタログ
伝送一覧価格表
リンク
E-mail
サイトマップ
大阪TEL:06-6336-1690  FAX:06-6333-2451  東京TEL:03-6403-9822

 

ノイズ試験
 
このページの試験は開発当初,約20年前~10年前の試験です。
最近の高ノイズ環境下の施工例
(1)ノイズシュミレータによる試験


  

(2)放電試験
下図のようなパルス発生器を接続してアースと伝送ライン間で約3mmのスパークを発生させて高圧を印加した。


スパークを入力ユニットの直前で行うと極く稀に瞬間のビット乱れは起こったが入力ユニットから約2m離れた伝送ライン

の箇所でのスパークでは異常が見られなかった。 (H19年再試験) また試験後の基板、素子等の異常は見られなかった。

  
   
   

 

(3)外来サージ試験

(4)ケーブル誘導試験 (下記のいずれの試験も異常が無かった)
     

(5)現場試験 (下記のいずれの試験も誤動作等の異常はみられなかった。)

    

  

   
(6)長距離擬似回路とノイズ試験
     

更に過酷なノイズ試験

高ノイズ環境下の施工例

戻る
(0370)