トップページに戻る トップページに 戻る
会社案内
商品カタログ
伝送一覧価格表
リンク
E-mail
S_M
大阪TEL:06-6336-1690  FAX:06-6333-2451  東京TEL:03-6403-9822

デマンド電力、電気料削減、省エネでコストダウン!

トータルの電力管理(監視、計測、制御)


●電気の総合管理●
電気料金を減らすには「高圧受電契約を行う」、「デマンド電力の計測管理をする」、「デマンドコントローラーを使う」、「力率を改善する」、「個別の電気消費の監視」がありこれらを総合的に行うことで全体の電気料削減に繋がり電気料金を低減することができます。


 


デマンド電力の負荷ピークを抑えて電気料削減!

(ピークさえ分散すればトータルで同一電力消費量でも供給に余裕が生まれます)

デマンドコントローラ+伝送で広域多点のスムースな

デマンド制御が可能になります!

デマンドコントローラー(デマンド制御装置)

 

 

タケモトデンキ(㈱)

 

 

三菱電機(㈱)
富士電機(㈱)
大崎電気
(㈱)キューキ
(㈱)東芝
スーパーデマンドコントローラⅡ
CSA-92A ※
デマコン(DEMACON)
DM-100CPS
デマンドコントローラ
FM78P
デマンドシステムコントローラ
スーパーマックスFVP
デマンドコントロール装置
SM-12
デマンド監視装置
Power demand monitoring equipment
制御出力3点
制御出力8点
制御出力5点
制御出力4点
制御出力3点
制御出力2点

上記以外でもどのデマンドコントロールの装置でも使用できます。
これらデマンドコントローラーの
各デマンド段階の制御接点を多重化し、その情報を1対の線のみで配信して
負荷の重要度ごとに伝送アドレスで分けて細かい多点の制御を長距離(10Km)広域で行うことができます。
その他のどのメーカーのどのタイプでもデマンドに応じた制御接点出力が出ればすべて使用できます。

デマンド電力の制御をしながらパソコンで詳細なモニターや

期間の記録、デマンドグラフの表示することも可能です

※デマンドコントローラー一式の納入も可能ですがCSA-92A以外は、お取り扱いが間接的にな ります。


●電気料金の決め方●
電気料金はほぼ使用する電気消費の量に比例して、使えば使うほど電気料金は高くなりますが同じ量の電気を使ってもデマンドコントローラーを使用したりして電気料金
を安くすることができます。まず電気料金の仕組みですが工場等で使用する高圧受電の電気料金は基本電気料+使用電気消費量になります。基本の電気料金は、毎月一定額の金額になります。電気消費の使用料金はその月の電力使用量に比例します。重要なのは、電気料金は基本電気料金と使用量料金の合計ですのでこの両方を管理するのが大きなポイントとなります。これは高圧受電でも低圧受電でも同様です。


省配線省エネ電力管理管理システムをご紹介します 水道、ガス、エアー、電気、蒸気などの使用量を工事の簡単な省配線のシステムで収集して管理の行い易いデータに変換し 現状把握を目の見える形で確認します。パルス信号形式で取り込みすべてのエネルギーの測定管理が一つのシステムでローコストに構築できます



  
 

エネルギーの長期の多点管理がローコストなパソコンと多重伝送で手軽にできます省エネのために現状把握このページはパソコンでのエネルギー管理の具体例を主としていますが



●電気料削減の方法●
基本の電力料金を下げるには契約電力の見直し、デマンド電力の管理が重要です。そのためにはまずデマンド電力をデマンドコントローラーを使用して電気消費の動向の管理とピークのデマンド電力をカットして電力料金のうちの契約電力を下げることが電気料削減の大きなポイントです。高圧受電の場合は契約電力量や事業所ごとに計算が異なりますがデマンドコントローラーの設定を適切に行い各担当者が電気消費の節減に協力して電気料削減を行いピークのデマンド電力を下げ、契約電力の見直すことで電力料金を削減することができます。仮に電気消費の量が固定費が下がり電力料金は下がります。ここを削減すれば大きな効果となります。また電気消費に比例する使用量料金を下げるには電気消費の大きなものから順に省エネ機器への切替を行うことです。中には使わなくても元スイッチを入れているだけで電気を消費していて電力料金のアップになっている機器もありますので極力スイッチやブレーカーの管理を行うことが電気消費の低減となり電気料削減に繋がるものです。


 

電気+α省エネ
水道、ガス、エアー、電気、蒸気などの使用量を工事の簡単な省配線のシステム
で収集して管理の行い易いデータに変換し 現状把握を目の見える形で確認します。パルス信号形式で取り込みすべてのエネルギーの測定管理が一つのシステムでローコストに構築できます





◆蒸気流量計測遠隔表示システム




 


エネルギーの長期の多点管理がローコストな
パソコンと多重伝送で手軽にできます

 省エネのために現状把握

このページはパソコンでのエネルギー管理の具体例を主としていますが

 


関連ページ
シンプルデマンド監視
シンプルデマンド制御
多点の電力計測1
省配線デマンド監視
省配線デマンド制御
多点の電力計測2
トータルの電力管理
各種の省エネ計測
デマンド制御省配線工事

 

電力デマンド関連機器、メーカーリンク
オムロン太陽光電力監視 三菱デマンド監視 富士電機デマンドコントローラ 渡辺電機監視モジュール
デマンドコントローラーEGC 東芝デマンド監視装置 HIOKIデマンド監視制御システム 売電デマンドパッケージ
       
     
           
各電力会社及び電力情報リンク
沖縄電力デマンド契約 沖縄電力電気料金 電気料金シミュレーション 家庭のエネルギー消費
九州電力デマンド契約 九州電力電気料金 電気料金内訳 電力需要実績
四国電力デマンド契約 四国電力電気料金 東京都庁電力使用量  
中国電力デマンド契約 中国電力電気料金 デマンド管理電力解説  
関西電力デマンド契約 関西電力電気料金 東京電力電力使用量  
北陸電力デマンド契約 北陸電力電気料金 デマンド監視市場規模(リモート監視)  
中部電力デマンド契約 中部電力電気料金 高圧電気料金  
東京電力デマンド契約 東京電力電気料金 仮設電気料金   
東北電力デマンド契約 東北電力電気料金 業務用電力の形態   
北海道電力デマンド契約 北海道電力電気料金      

 

 

省エネルギー関連用語
ガスデマンド ガス供給会社により異なりますが電力と同様に設備、配管等の最大供給能力に基づいた契約で専用の「負荷計測器」を別途設置して通常1時間の最大ガスデマンドでの契約。
省エネ住宅 住宅において使用されるエネルギーは、暖冷房、給湯、炊事、冷蔵庫、パソコン、テレビ等の家電製品など、実にさまざまなものがあります。 なかでも、その大半を占めているのが、暖冷房と給湯のためのエネルギーです。地球温暖化防止のためにも、この消費量をより少なくするよう、建設省(現国土交通省)では平成11年3月、これまでの住宅の省エネルギー基準を改正して、新しい基準(次世代省エネルギー基準)を定めました。 この基準に適うような、室内環境を一定に保ちながら、使用するエネルギー量を少なくできる住宅が、省エネルギー住宅といわれています。
省エネセンター

省エネルギーセンター(しょうエネルギーセンター、英語:Energy Conservation Center, Japan、略称:ECCJ)は、経済産業省資源エネルギー庁所管の財団法人。1978年(昭和53年)設立。日本の省エネルギー推進の中核的機関として、エネルギーの適正な利用の推進を本旨とする省エネルギー技術・知識の総合的な普及啓発を行う。

省エネルギー 省エネルギー(しょうエネルギー)の効率、生産等の社会的・経済的効果をより少ないエネルギーで得られる様にすることである。略して省エネと言われることも多い。
改正省エネ法 1979年に制定された省エネ法(正式名:エネルギーの使用の合理化に関する法律)は、工場や建築物、機械・器具についての省エネ化を進め、効率的に使用するための法律。工場・事業所のエネルギー管理の仕組みや、自動車の燃費基準や電気機器などの省エネ基準におけるトップランナー制度、運輸・建築分野での省エネ対策などを定めている。
     
     

 


省エルギーを監視するシステムは常時にエネルギーの使用量を測定して使用量超過があれば即座に警報を発して省エネ管理者にしらせます。また省エネルギー管理は長期の省エネ計測を行い記録をして省エネや生産性向上や機械の省エネルギー管理に役立てます。ご紹介するのはこの多点の省エネルギー監視と省エネ管理を多重伝送を用いて簡単な配線で可能にするものです。
通常 各部署、機器装置でバラバラに行われている省エネルギー監視と省エネルギー管理をユニバーサルラインとマルチグラフモニタのソフトを使用して多点の総合的な省エネルギー計測と長期のエネルギー使用量の推移を記録することによりこれらの省エネルギー監視と省エネルギー管理を同一の機器、配線、ソフトで可能にしています。

 

 

 

 

(0810)