ASP

トップページに戻る トップページに 戻る サイトマップ
大阪TEL:06-6336-1690  FAX:06-6333-2451  東京TEL:03-6403-9822

デマンド警報装置によるデマンド警報の管理を省配線で!


ご紹介するのはデマンド警報やデマンド制御のためのデマンドメーターからのパルスを集計管理して使用電
力がオーバーする前にデマンドの警報や制御を行うものです。

省エネも含めたデマンドの一元管理は監視、計測、制御等の内容と管理する電力設備の規模及び契約電力の
内容や、すでにあれば既存の省エネ装置(デマンド監視装置等)の内容により大きくことなります。

非常にローコストな価格のデマンド警報装置、配線方法、ソフトを組合わせたご紹介するシステムは迅速な
デマンド警報やデマンド制御を行うことができる、内容に応じて自由な組み合わせのできるものです。

 

①~⑧までのどのタイプからでもスタートできます。 
まず電気の見える化で電力需要ををデマンドメーターで現状把握  
 

即納ローコストなデマンド警報監視!

[PCデマンド監視装置]

まず電気の見える化で電力需要ををデマンドメーターで現状把握  
 
デマンド電力のピークをデマンド監視装置によりカットして契約電力の見直し 
 
多重伝送による詳細な多点のデマンド電力の制御で契約電力の更なる低減
 
電力の見える化でコストダウンに寄与するブレーカー別の詳細な電力計測
 
パソコン、シーケンサで個別のスリムなデマンド管理のシステムを組む場合
 
電気、ガス、空気、等の総合的な省エネルギー管理をする場合
 
受変電管理、漏電監視やデマンド監視も含めた電力の総合的な監視への拡張
 
1対の線で多点の管理ができる省配線工事のシステム
 
①~⑧までのどのタイプの組み合わせも可能で、また後日どのタイプでも追加拡張ができます。

 

 

 


ハードのみで多点のデマンド制御のできる⇒
デマンド監視装置、デマンド制御盤

デマンド監視と多点の省エネ管理のできる⇒ デマンド警報装置、デマンド警報盤

 

 

 

 


電力不足の折、工場や事務所で契約電力を下げて電気代節減することが課題になっています。高圧電力の需要電力と電力契約とを管理して設定デマンド値以上になったらデマンド警報を速やかに管理者に報知して需要電力を調整することは電気代節減にとって大きな要因となります。電気代節減を図るには契約電力の見直し、デマンド警報発生時の対応がポイントになります。

電気代節減、契約電力、需要電力の管理をするためにはまずデマンド警報装置よりのデマンド警報を有効に利用して需要電力の動向を掴むことです。ピークの高圧電力を減らして電力料金のうちの契約電力を下げることが電気代削減の大きなポイントです。高圧受電の場合は契約電力量や事業所ごとに計算が異なりますがデマンド警報値の設定を適切に行い、各担当者が電気消費の節減に協力して電気代削減を行いピークのデマンド電力を下げ、契約電力を見直すことで電力料金を削減することができます。

特に、夏場のエアコン使用が需要電力に大きなピークを作り、これによって後11ヶ月の契約電力ひいては電気料金を決定付けます。高圧電力、特別高圧で電気を受けるビル、工場などでは、電力会社が30分最大需要電力計(デマンド計)が組み込まれた電子式の取引用電力量計を取り付けて、需要電力量を計測しています。

 

 

デマンド警報通報装置

省エネ制御システムのデマンド制御を行っているユニットからのデマンド

警報信号の警報段階に応じた通報をするシステムで、それぞれの警

報ごとに録音したメッセージを携帯電話や構内PHS等に自動的に通

報するデマンド警報、監視の装置です

    

 

   ■デマンド制御伝送ラインからの8段階の警報を装置内の入力ユニット

     に取込み各段階に応じた通報を携帯電話やPHSに音声で通報します。

   ■発信側の電話回線のかわりに携帯電話の使用できるタイプもあります。

   ■オプションで携帯電話から遠隔で伝送ライン上の機器を制御すること

    が可能です。

 

デマンド・契約電力・デマンド制御について
契約電力を決定する際、デマンド契約について知っておかなければいけません。デマンドとは、電力を使用する需要家の需要電力のことです。需要家が電力会社と電力供給の契約をする場合、受電点にVCTを設置し、需用電力を計測します。デマンドが電力会社との契約電力より超過すると、違約金支払い義務生じたり、翌月からのデマンド電力をアップさせるように指示を受けたりします。電力会社に支払う基本料金が上下しますので、需要家側としては、デマンドを低く抑えるべきです。よって、デマンド監視装置などを設け、契約電力を超えないための管理を行います。

電力会社との契約は、30分間単位の平均電力を契約電力としており、平均電力の内、一ヶ月の最大値を、当該月の最大需要電力として計算しています。瞬間的に大電力を使用しても、契約電力を改定することはないという制度です。なお、高圧電力で受電する高圧需要家の場合ですが、契約電力1kWあたり1,480円前後で推移しています。100kWの契約をすると、基本料金で148,000円となる計算ですから、できる限り小さな契約電力とすることで、電力コストを低減するこができます。

デマンド制御とは、需要家自身が使用する電力量を監視し、デマンドが契約電力を超えないように負荷設備を制御するシステムです。人が計器を眺めながら、負荷が増加しては切り離すということは非現実的ですし、管理が困難ですから、デマンド制御装置を設置して自動運用するのが一般的です。デマンド制御装置では、現時点使用電力と負荷状況を常時監視し、デマンド値が契約電力を超過しないように負荷制御を行うものです。予測電力が契約電力を超過することが判明した場合、デマンド警報を発することで管理者に警告します。また、デマンド制御装置に、超過予測時にカットする負荷を登録しておけば、負荷を自動的に遮断することで超過を予防する事が可能です。

デマンド警報

トップページに戻る トップページに戻る

 

(5790)