アクセス解析

お問い合わせ 06-6336-1690

トップページに戻る トップページに 戻る サイトマップ
大阪TEL:06-6336-1690  FAX:06-6333-2451  東京TEL:03-6403-9822

 

 

 

PC・PLC不要で全国どこでも無人監視&制御 (約10年前の施工例で現在のIoTの走りです。)

FOMA回線接点伝送システム

 
FOMA(Xi)インターネット回線を通して

A地点がONの場合はB地点もON

A地点がOFFの場合はB地点もOFF

遠く離れた接点信号を同期させます。

トランジスタ出力・リレー出力・アナログ信号のレベル入出力も可能です。

 

タンク残量が少なくなるとポンプを運転するシステム水量減の信号でポンプを作動

FOMA to FOMA   FOMA to 固定回線
環境に応じて構成可能

 制御用回線の故障では、完成から長期間経過していて配線経路が不明であったり、埋設されたケーブルを修理することが困難な場合が多くあります。
 FOMA接点伝送を使用すれば、短期間で接点伝送が可能となり、工事費用の大幅な削減が可能です。
 パソコンやPLC(シーケンサ)が不要ですので初期費用を抑え、シンプルで分かりやすいシステム構成となっています。
 

 

 

FOMAエリアならどこでも設置可能

回線工事が困難で、電気のない場所でもソーラーパネルとバッテリーで使用できます。
(河川敷・森林公園・国定公園・離れ小島など)

接点は1ラインで最大256接点まで増設できます。(アナログ信号の混在も可能)

 

接点数・通信頻度などによりユニットや通信プランを構成します。
初期費用やランニングコストについては、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

(0100)